Skip to content
On this page

4.3. 配列

プログラミングでは、同じ様な変数を複数作りたいときがある。例えば、100人の点数の平均点を取りたい時に変数は100個必要となる。このときに、配列を使う。

配列とは、変数の集合のようなものである。

C++ において配列を使う時は、vector を用いる。string と同様にして、vectorをインクルードする。

cpp
#include <vector>

以下のようにして、<>内に型を宣言することで、配列を定義することができる。

cpp
vector<int> array;
vector<string> strarray;

このように記述すると空の配列が作成される。以下のように、初めから配列に値を入れることもできる

cpp
vector<int> arr = {10, 20, 30, 40, 50};

以下のように、 [] の中に数字を書くことで要素を取得できる。数列を考えた時の だと思うと良い。この時要素は* *0始まり**である。

cpp
vector<int> arr = {10, 20, 30, 40, 50};
cout << arr[2] << endl;
arr[1] = 100;
cout << arr[1] << endl;
[output]
30
100

.size() とすると、配列の要素数を調べることができる。

cpp
vector<int> arr = {10, 20, 30, 40, 50};
int siz = arr.size();
cout << siz << endl;
[output]
5

これと、for を用いれば、配列の要素を全て取得することができる。

cpp
vector<int> arr = {10, 20, 30, 40, 50};
for (int i=0; i < arr.size(); i++) {
  cout << arr[i] << endl;
}

for 文の中で、 arr[0] から arr[4] までが1つずつ出力されるコードだという事が理解できるだろうか。i < arr.size() の条件から、i は 0 から 4 までの場合で実行される。(5 は 5 < 5 となり条件を満たさない。)

.push_back() を用いると、配列の末尾に新しい要素を追加することができる。

cpp
vector<int> arr = {10, 20, 30, 40, 50};
arr.push_back(-10);

cout << arr[5] << endl;
cout << arr.size() << endl;
[output]
-10
6

for文と組み合わせると、できる事が非常に広がる。