Skip to content
On this page

1.2. ターミナルの扱い

まずはターミナルを開く。黒い画面に白い文字(Mac では白い画面に黒い文字)が出ていて、ここにコマンドを打ち込むことでコンピューターを直接操作することができる。 試しに echo "Hello" と打ち込んで改行すると、Helloが出力される。

Windows においては、 WSL のターミナルを用いて Linux を操作することができ、Mac においてはターミナルを用いてコンピューターを操作する事ができる。 Windowsの環境構築で少し出てきた 「PowerShell」は Windows を操作するイメージ。

TIP

echo は「こだま・反響」

  1. 「ターミナル」を起動する
  2. echo "Hello" と入力する
  3. Hello という行が表示されていればOK

自分の画面とはおそらく違うだろうが、概ねこのような風に Hello が表示されれば問題ない。

1.2.1. ディレクトリ

ディレクトリは、エクスプローラー(Windows)/Finder (Mac)で「フォルダ」に相当するものである。ターミナルは常にどこかのディレクトリ上に居るものとして振る舞う。 Finder/エクスプローラーと見比べながら、コマンドを打ち込んで理解しよう。

ターミナルでの操作

  1. ターミナルを開く
  2. pwd で、現在の自分の場所がわかる
  3. ls で、今居るディレクトリにあるファイル一覧が表示される(最初はほぼないはず!)

エクスプローラー(Windows)

エクスプローラーを起動すると、自分のコンピューターに保存されているファイルを一覧することができる。

  1. エクスプローラーの「表示」をタップ

  2. 「ファイル名拡張子」にチェックを入れる

  3. サイドバーに「Linux」があるので、それをダブルクリックする。

  4. 「Ubuntu」をクリック

  5. pwd コマンドの結果を見ながら、「home」→「(自分の名前)」でアクセスする。

Finder (Mac)

Finder を起動すると、自分のコンピューターに保存されているファイルを一覧することができる。

  1. ⌘ + , → 「すべてのファイル名拡張子を表示」をON
  2. Finder で⌘+Shift+G
  3. pwd で出てきたテキストをそのまま入力

1.2.2. 作業環境の作成

コマンド紹介

  • pwd : 現在の自分の場所 (Print Working Directory)
  • ls : 今いるディレクトリにあるファイル (List Segments)
  • cd <...> : ディレクトリを移動する (Change Directory)
  • cd ../ 一つ親のディレクトリに移動する (/home/trap なら /home に移動)
  • mkdir <...> : ディレクトリを作成する (Make Directory)

作業手順

  1. cd ~ と入力( ~ は 0 の2つ右のキー ^ と Shift 同時押し);最初の場所に戻る
  2. mkdir pgbasic と入力; pgbasic というディレクトリを作成する
  3. cd pgbasicpgbasic に移動する
  4. code main.cpp; VSCode を開く。ここが講習中の作業場所。

Linux を開くたびに上の 3,4 を実行することで作業場所に移動できる。

1.2.3. はじめてのプログラミング

  • VSCode を開く (code main.cpp コマンドで開く)
cpp
#include <iostream>
using namespace std;

int main() {
    cout << "Hello, traP!" << endl;
    // Hello, traP! を出力する
}
  • 保存して、ターミナル上で、clang++ main.cpp で「コンパイル」
  • エラーが出なかったら、 ./a.out
  • "Hello, traP!" と書いてる部分をいじったら出力が変わりそう?

I 章のまとめ

  • プログラミングとは、「コンピューターにどのような動作をさせるかを指示する行為」
  • プログラムは、コンパイルして実行される
  • Windows, Mac, そして Linux という OS がある
  • ディレクトリという概念が存在する

ここまで読んだら、練習問題を解いてみましょう!