Skip to content
On this page

講習会ガイダンス

0.1. 講習の目的・目標

受講者の中にはゲームづくりを早くしたい人や、競プロにしか興味がないという人も居ると思いますが、それでも全員この講習を受けてもらおうと考えています。 受けてもらいたいと考えている理由は大きく次の3つです。

  1. なにをするにしろ、”プログラミングの基礎知識”を無視して進むことは避けられない
  2. 各班で個別に基礎講習をするのは現実的に厳しい
  3. どの言語を学んでも、一度理解できれば他の言語でも容易に習得できる

また、(恐らくわかってはいるでしょうが)ゲームを作るにしろ何をするにしろ、「プログラミング」そのものを無視して先に進むことはできないと思います。(もし出来たとしても、変な所で知識が欠けているためにどこかでハマると思います。)


本講習の目的は、大きく分けて2つです。

  1. C++ 言語を用いて、プログラミング言語というのはどういう物かを知ること。
  2. 作りたいものを作るために使う「プログラミング」の基礎や、考え方を学ぶこと。(プログラミングのための下準備をする)

目的を示しても少しむずかしいと思うので、具体的な勉強の指針になる「目標」を提示しておきます。

  • C++ のコードを読んで、どう実行されるか・何が出力されるか分かるようになる

覚えて欲しいのは、この講習の内容をすべて覚えなくても良い という事です。 ただ、他の講習で必ず出てくる話なので、出てきた時にテキスト・ノートを見返して「そんなのあったな〜」って思い出せればOKです。 最終回で実際にソースコードを見せてどう動いているか考えてもらう予定です。


0.2. 今後の講習との関連

  • プログラミング基礎講習の途中で「Git 講習会」が開催されます。本講習と合わせてプログラミングをしたい人は受講してください。(今後traPで過ごすのなら受講必須です)
  • 普段からGit/GitHubを使用している場合は受講不要です。具体的には、SSH 接続で、GUI/CLI上でブランチを切ってからコミット・プッシュ・PRを立てるところまでができれば良いです。(SysAd 班のリポジトリにプッシュする際は SSH 接続が要求されます。)
  • 本講習が終わったあとは、各班で講習会が開催されます。2班以上同時に所属もできるので、自分が興味のある分野をある程度決めておくと良いです。
  • 全部を受けるのもアリだけど、すごく大変(1班以外は断念して来年受けるとかでも良いと思いますし、夏休みに受けるのでも)。

0.3. 講習の心構え

  1. 講習を受けるにあたって、モチベーションはあった方が良いです!
  • 作りたいもの・やりたいものを探してみてください。
  • ゲームを作りたい・Webサービスを作ってみたい・競技プログラミングをやりたい・プログラミングそのものが楽しい……とか
  • 受ける理由を作る・目標を作った方が、より勉強が身に入ると思います。
  1. エラーを読んでみる
  • エラーが出てきたら、まずエラーを読んでみてください。あまり親切じゃない時もありますが、英語を頑張って読むと「〇〇が違うよー・足りないよー」と教えてくれます。
  • 詰まった時は、1分くらい原因を探してみてください。そうすると、30%くらいの問題は解決します。
  1. わからない事があったらすぐ聞く
  • 逆に、1分考えても分からなかったらすぐ TA に聞いてください。1分考えても分からないなら、聞いた方が良いです。その為にTAが居ます。
  • traP の講習会でよく貼られてるやつ
  • 帰ってから分からない事が出てきたら traQ で聞いてください。先輩が答えてくれます。
  • Google で調べるのもアリですが、今どきの Google は欲しい情報を探すのも若干難しいところがあるので、最初のうちは無理せず traQ で聞くのがおすすめです(大抵1~2分で返事がきます)
  1. 練習問題を解いて理解する
  • 無理に覚えようとしても覚えられないと思います。使わないものは結局忘れていきます。ただ、プログラミングの勉強が進めば、ここの内容は最終的にはこの1年で全部覚える事になります。
  • 大抵は手を動かさないと理解できないです。実際に使っていく内に自然とおぼえていくので、覚えるより先に手を動かしてください。
  • 講習内で時間を取るので、手を動かしましょう。
  • 自習できるように問題を沢山用意してるので、時間があればぜひ使ってください(やらなくても問題ないですが不安な人たち用)。
  • あとは自分の説明より先に進んじゃって暇だな、ってなった時にもぜひ練習問題を活用してください。

0.4. 講習を欠席する時(都合がつかない時)

まず、欠席連絡は不要です。こっちも出席管理をしている訳ではないので。

次の回の講習で前回欠席したと伝えてくれれば、TAがサポートします。 すべての回に出席できる前提で講習を組んでないので、焦らずに次の回に出席してください。

全ての回で Youtube Live での配信を予定しているので、それの録画を確認してもよいでしょう。 ただし、オンラインでの参加はおすすめしません(演習時の質問対応が難しいです)

ただ、次の講習に追いつきたいという気持ちもあると思うので、そういう場合は「進捗部屋」や「部室」に居る先輩に聞いてください。常に誰か1人は居ると思います。 (少なくとも :@Takeno_hito: が 9-10限の時間帯に進捗部屋で待機します)。 traQ で聞くのもOKです。

(追記)流石にしんどかったのでナシにしますが、高確率で誰か部室か進捗部屋に居ます。 #event/workshop/pg-basic/sodan でアポを取ると確実。

0.5. 講習・テキストの進め方

講習は以下の流れで進行します。

  • 5/10 水:第一回 / 0, I章
  • 5/12 金:第二回 / II, III章
  • 5/15 月:第三回 / IV 章
  • 5/18 木:第四回 / V 章
  • 5/19 金:第五回 / VI, VII 章

また、 VIII 章 は講習会に入り切らなかった内容を詰め込んだ章で、講習会では扱いません。また、まだ製作途中です……

各章末に、練習問題Aと練習問題B を用意しています。

  • 練習問題A: できれば解いて理解して欲しい練習問題です。とにかく手を動かす
  • 練習問題B: 時間が余った時(友達を待つ間とか)や、余裕があったら取り組んでください。全部やろうと思ったら2週間使い切れるくらいの分量を用意しています。

traP 外の方へ

本講習会の練習問題は、traP 内部のみの公開です。予めご了承ください。

0.6. 講習に関連した traQ チャンネル

  • #event/workshop/pg-basic 講習会のチャンネルです。お知らせはここでします。
  • jikkyo:コメントとか適当にする雑談チャンネルです。
  • sodan:質問チャンネルです。質問はここでしてください。TA に手伝ってもらいたい時は手を挙げてください。帰宅後、自習してて詰まった時・わからなかった時もここを使ってください。
  • tasks:講習中の進捗確認とか、練習問題を解いた数の確認に使います。
  • #gps/times/あなたのID あなたのチャンネルです。
  • 「〇〇できた!」「練習問題解いた!」とか、講習を受け終わったらここに投稿してみると、褒められます。別に講習と関係なく適当につぶやいても良いです。

それでは皆さん、5日間頑張っていきましょう。