Skip to content
On this page

環境構築 Windows

Step 1: Install WSL

  1. https://apps.microsoft.com/store/detail/windows-terminal/9N0DX20HK701?hl=ja-jp&gl=jp&icid=CNavAppsWindowsApps で Windows Terminal をインストール(既にインストールされていれば飛ばしてOKです)

  2. アプリ検索の画面で、 Terminal と入力し 「管理者として実行」

  3. wsl --install -d Ubuntu と入力して、エンターキーを押す。

TA向け

WSL インストールトラブルシューティング https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/troubleshooting

wsl --install に失敗した際の手動インストールマニュアル (Windowsバージョンの要件なども書いてあります) https://learn.microsoft.com/ja-jp/windows/wsl/install-manual

TA向け

極稀に、BIOS で virtualization 設定が切られている為に WSL がインストールできない事があります(Please enable the Virtual Machine Platform Windows feature and ensure virtualization is enabled in the BIOS. と表示されます) この場合は BIOS に入って、 Advanced -> Virtualization の順で有効化してください。

  1. Ubuntu のアカウント設定
  2. Enter new UNIX username: が表示されるので、半角英数小文字 でユーザーネームを入れる。( take とか taekmura とか ryugo とか短い方が良い。フォルダの名前になります)
  3. New Password: WSL 内で使いたいパスワードを入力。何も表示されませんが入力されています。入力できたら エンターキーを押す。
  4. Retype New password: もう一度入力。

  1. ウィンドウを閉じる

  2. スタートから Windows Terminal を起動

  3. Ctrl + , で設定画面を開く

  4. 「規定のプロファイル」を「Ubuntu」に変更(複数あるならどれでも良い)

  5. 「保存」ボタンを押す

  6. Windows Terminal を閉じて、もう一度開く

  7. traQ の tasks チャンネルで :wsl: を押す

Step 2: Install Clang

  1. WSL上で sudo apt update

  2. パスワードを求められるので、WSLで設定したパスワードを入力

  3. WSL上で sudo apt install clang -y を実行する

  4. clang --version で clang のバージョンが表示されれば成功

    1. traQ の tasks チャンネルで :cpp: を押す

Step 3: VSCode Install & Init

  1. https://code.visualstudio.com/download から VSCode をインストール

  2. 起動後、 Ctrl + Shift + X を押す

  3. Japanese と入力し、 Japanese Language Pack for Visual Studio Code をインストール。

  4. VSCode の右下「Install and Restart」を押してインストール。

  5. もう一度、 Ctrl + Shift + X を押す

  6. WSL を入力し、 WSL をインストール

  7. Ctrl+, を押して、出てきた画面に「Auto Save」と入力

  8. 「Files: Auto Save」の項目を探して、「afterDelay」に変更する

  9. ターミナルで code hello.txt を入力し、VSCode が起動できたら成功!

  10. traQ の tasks チャンネルで :vscode: を押す

Step 4: 拡張機能の設定

  1. VSCodeの 画面で Ctrl + Shift + X

  2. 「C++」と入力し、「C/C++ Extenstion」の拡張機能を追加

  3. Code Runner と入力して、「Code Runner」拡張機能を追加

  4. Ctrl + , で設定を開く。下記画像の赤丸で囲んだ部分を押して settings.json を開く。

  5. "cpp": で始まる行を探して、g++clang++ に置き換える。

diff
- "cpp": "cd $dir && g++ $fileName -o $fileNameWithoutExt && $dir$fileNameWithoutExt",
+ "cpp": "cd $dir && clang++ -std=c++17 $fileName -o $fileNameWithoutExt && $dir$fileNameWithoutExt",

TIP

なかった場合は、一番最後の行の1つ前の行( } の前!)に次のコードを追加してください。その前の行に , がなかったら追加してください!

"code-runner.executorMap": {
    "cpp": "cd $dir && clang++ -std=c++17 $fileName -o $fileNameWithoutExt && $dir$fileNameWithoutExt",
},

  1. "code-runner.executorMap": { の行の前に "code-runner.runInTerminal": true, を書く(コピペ推奨!!)

  2. こんな感じになっていれば OK

  3. WSL を開き、 code main.cpp と入力する

  4. 次のように書く(コピペでも OK )

cpp
#include <iostream>
using namespace std;

int main() {
    cout << "Hello, World!" << endl;
}
  1. 画像の赤丸で実行してみる。下側の画面に Hello, World! が出れば成功!

TIP

なにか出てきた場合は、代わりに三角の隣のv を押して、「Run Code」を押す!

  1. traQ の tasks チャンネルで :done: を押す

  2. 環境構築はこれで完了です!お疲れ様でした。 :blob_pyon: